Cameron Stadin
アメリカシアトル出身。2008年大学進学のため来日。日本での生活の中で日本の伝統文化や近代文化への興味と国中にあふれる大自然と共存する日本人への尊敬の念が増す。その想いを世界中に発信するため、大学卒業後は観光業に従事する。
関東で生活しながらも地方の魅力と発展の大きな可能性を感じ、2014年鹿児島へ移住。来鹿後4年間、グローバルセールス担当として旅行会社に勤務。インバウンド・アウトバウンドセールスと並行に、国内外で多数のツアーを実施。キャリアアップや自身の成長のため、持続可能な鹿児島の発展を目指し2018年からフリーランスを経て2019年で離島アクティビティツーリズム(株)の代表取締役に就任。